空気清浄機の手入れ

clean air

定期的に行いたい空気清浄機のお手入れ

空気清浄機は、部屋の中の空気を浄化し、清潔にしてくれます。
花粉の季節などにも重宝します。
しかし、フィルターなどが汚れていると、空気の汚れをきれいにすることはできません。
そのため、定期的にお手入れすることが大切になります。
空気清浄機で一番汚れる場所といえば、フィルターです。
フィルターは、サッと汚れをふき取り、洗剤をとかしたぬるま湯の中に30分ほどつけ置きます。
こすったりせず、自然に汚れが浮いてくるのを待ちます。
汚れが浮いてきたら、しっかりと洗剤を洗い流し、天日干しします。
早く乾かすために、ドライヤーなどを使うのは禁物です。
本体の汚れは、固く絞った布巾で拭き、それでも汚れが取れないときは、中性洗剤を薄めて使用します。
吸気口は、掃除機でホコリなどを吸い取り、清潔に保ちます。
お手入れをきちんと行うことによって、綺麗な空気を保てるほか、空気清浄機自体の寿命も長くなります。
忘れずに行うようにしましょう。

空気清浄機のお手入れについて

空気清浄機をお手入れする場合、まずパネルや本体の拭き掃除をしましょう。
やわらかい布を用意して水を含ませて、絞ります。
汚れがひどい際には、中性洗剤を溶かした水を使いましょう。
その後、本体をよく拭きますが、傷がつくのでたわしなどは使わないのが大切です。
フィルターを掃除する際は、パネルを外してフィルターについたホコリを綺麗にするために掃除機で吸いましょう。
使う頻度にもよりますが、半月に一度程度掃除をするのがおすすめです。
ホコリが取り除かれたら、水洗いでフィルターを綺麗にしましょう。
洗った後は日陰になっている場所で乾かします。
脱臭フィルターは、型崩れが起きるため水洗いできないタイプもあるので、掃除機のみで綺麗にしましょう。
においが気になる場合は、霧吹きなどで表面を軽く湿らせてから風通しがいい場所で乾かすと安心です。
また、長期間使わない場合は、給水タンクや加湿トレーの水をしっかり抜いてから保管しましょう。

おすすめWEBサイト

最終更新日:2016/11/29

COPYRIGHT(C) clean air. ALL RIGHT RESERVED